FC2ブログ
FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
HGUC ガブスレイ ガブスレイMA
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ホビーロード
新潟市にある有名模型店。ホビーの聖地とも、言うとか言わないとか。
プラモ、ラジコン、ガン、ジブリ、ミニカー、鉄道模型、木製キット、あらゆるジャンルのホビーが豊富です。
屋内ラジコンサーキット場も併設されています。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ヒジ関節改造中(ビルバイン)
作業時間は1週間に1時間もないんですが、
どういうわけか、HGABビルバインいじってます(笑)

仮組みのビルバインをたまたま見ていたら、
ヒジ関節が気になってきてしまい・・・

キットのままだと、ヒジの形状はこんな感じ。
ウイングキャリバーの形状にしようとすると、
尖った板状のパーツ(装甲?)が、ヒジの後ろ側に来ます。
hgab-billbine-180814-01.jpg

しかし、設定画だと、
こんな感じで側面に板状パーツが来ます。
hgab-billbine-180814-02.jpg

簡単な改造で、なんとかならんものか?

・・・ってことで作業開始してしまいました・・・




腕をばらすと、中身はこんな構造。
hgab-billbine-180814-03.jpg

ポリキャップに2.4㎜のドリルを貫通させます。
hgab-billbine-180814-04.jpg
穴のフチはきれいに整形しておきます。

ヒジ関節本体の底面。
まったいらですが・・・
hgab-billbine-180814-05.jpg

ここに2.4㎜の穴を貫通させます。
hgab-billbine-180814-06.jpg

こんな感じ。
hgab-billbine-180814-07.jpg

プラストラクトの2.5mmのプラ棒を用意。
柔らかいプラ棒がいいので、エバーグリーンのでもOK。
タミヤはNG。
hgab-billbine-180814-08.jpg

なぜ柔らかいプラ棒を選択したかというと・・・

このように、ノギスで強引に削るためです!
hgab-billbine-180814-09.jpg
負荷でリューターが止まるので、
一気に削らず、少しずつサッサッと当てながら削っていきます。

ノギスの寿命を縮めるはずなので、自己責任で。

ともかく、これでほぼ正確な直径のプラ棒が完成。

ヒジ関節底面にあけた、φ2.4mmの穴にプラ棒を差し込みます。
hgab-billbine-180814-10.jpg

ヒジ関節を固定するためについていたピンを
2本とも切り飛ばしてしまいます。
hgab-billbine-180814-11.jpg
切り飛ばした跡はヤスリで整面しておきます。

出ているプラ棒は3.5mmの長さ。
hgab-billbine-180814-12.jpg
これはたまたま。たぶん±0.5㎜くらいは問題ないと思います。

組み合わせると、こうなります。
hgab-billbine-180814-17.jpg
1個のポリキャップに軸が2つ刺さっている状態。
これで、ヒジ関節にも回転軸がついたことになります。

曲げてみると、こんな感じ。
hgab-billbine-180814-18.jpg
追加したヒジの回転軸により、前腕部分を回転でき、
尖った板状パーツを側面に回すことができます。

説明は長くなりましたが、
簡単といえば簡単な改造。

工具の使用方法に問題が大アリでしたけどね!
いまのところ、測定のメインはデジタルノギスなので、
アナログノギスくんには過酷な役目を負ってもらってます・・・


スポンサーサイト
1/72 HGAB ビルバイン | 【2018-08-14(Tue) 17:05:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。