FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
完成写真公開です(ジムII)
HGUCジムII、ようやくちゃんとした写真を撮ることができました。


左肩の地球連邦マークは主にZ時代に使用されていたものを選択。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-01.jpg
ヒジのマルイチディテールはキットは前腕側に付いていましたが、
それを無くして、新規に上腕側に作り直しました。




フロントビュー。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-02(FrontLeft1).jpg
機体各所にサブカメラ的に0.5㎜のガラス球をはめ込んでいます。
全身の小さなマイナスモールドは0.2mm幅のタガネで彫っています。


フロントビュー(シールドあり)。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-03(FrontLeft2).jpg
シールドは前腕に磁石で固定する構造にしています。


リアビュー。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-04(BackLeft1).jpg
ヒジにメッシュホースを追加(ケータイストラップの紐)。
ヒザのホースもメッシュパーツに置き換え。


リアビュー(シールドあり)。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-05(BackLeft2).jpg
ランドセルのバーニアノズルを
一個一個分離して整形し使用しています。
(キットは上下2個がつながって1パーツになっている)


正面。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-06(Front).jpg
腹部を1mm、モモを1.5mm延長。
スネを2mm短縮しています。


右側面。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-07(Right).jpg
肩のスラスターは二発に形状変更。
1つあたりの穴を大きくしてフィンを仕込んでいます。
また、モールドの入れ方でスラスター周りが
肩装甲とは別のブロックに見えるようにしています。


左側面。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-08(Left1).jpg
前腕の穴ディテールを作り替え。
上側の穴は位置をヒジ寄りに変更(キットは前腕のド真ん中)。
また、上側の穴はフレームむき出し、下側の穴はフタ付きとし、
この2つを利用してシールドを保持するという脳内設定で作っています。


左側面(シールドあり)。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-09(Left2).jpg
シールドの十字先端4つを尖らせてあります。
(キットは先端の角が四角く落とされています)
塗装により赤いパーツとのはめ込みがきつくなってしまい、
赤の塗膜がめくれてしまいました・・・ (;´Д`)


背面。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-10(Rear1).jpg


背面(シールドあり)。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-11(Rear2).jpg


見下ろし。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-12(LookDown).jpg
肩装甲の付け根にフレーム風のディテールを
彫り込んでいます。


頭部と胸周り。
hguc-gm2-150725-13(UpperBodyFront).jpg
頭部形状をZ設定画に合わせて形状変更。
スッキリとした小顔になりました。
頭頂部カメラと胸センサーは二重構造にして内部を再現。
バルカンは面取りした真鍮管に置き換え。
胸部フィンには段落ちモールドを追加しています。


後頭部カメラとランドセルのセンサーも二重構造化。
hguc-gm2-150725-14(UpperBodyRear).jpg
ランドセルのマルイチモールドは新規で作り直しました。
・・・にしても、塗装がヘタクソだなぁ・・・ ( ;∀;)クゥ


フクラハギ周辺。
hguc-gm2-150725-15(calf).jpg
フクラハギ後ろのスラスターの形状を修正。
エポパテを詰めてから四角のすり鉢状に削り、
底面に噴射口を彫り込んでいます。
・・・塗装の塗り分けに失敗して、白のフチが汚くなってます (;∀;)


足首関節の前面にシリンダーを設置。
hguc-gm2-150725-16(cylinder).jpg
2㎜真鍮パイプ(内径1㎜)と1㎜洋白線の組み合わせ。
スプリング接続により、足首の動きに追従します。


スリッパを分割し、可動構造を変更。
hguc-gm2-150725-17(toe1).jpg
これにより、爪先を動かすとこのようになります。
hguc-gm2-150725-18(toe2).jpg
キットのものはフレームのカカトが
スリッパのカカトから浮くような構造でした。


ビームライフルの側面。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-19(rifle1).jpg
三連のダクトにフィンディテールを付けました。


マズルの3本スリットを開口し、中に真鍮パイプを埋め込み。
hguc-gm2-150725-20(rifle2).jpg
センサーは内部構造を再現。


ビームサーベル先端に放電管を設置。
hguc-gm2-150725-21(saber).jpg
放電管は真鍮パイプと真鍮線の組み合わせ。
サーベルのツバも薄く加工しています。


射撃ポーズ。
(▼クリックで拡大)
hguc-gm2-150725-22(Action).jpg
可動部には塗装剥げの抑制用に、
ミニ四駆用のグリスを塗ってあります。
写真じゃまったくわかりませんが ( ̄▽ ̄)



今回のジムII、RGやMGを参考にしながら、
「ゴチャゴチャ」と「スッキリ」の間を狙ってディテールアップしてみました。

キットのジムIIはとても足長なので、それはそれでカッコいいのですが、
ちょっと無骨なラインになるように初の短足工作(笑)しています。


塗装についても、いつもより少しこだわってみました。

機体色の白のみ、肩と脚のスラスターの近くだけ
濃い色になっていますが、
これは材質の違いで下地の色が変わって装甲色も変わった・・・
というRG的なアプローチではなく、
エンジンやタンクをひとまとめにしたユニットであることが、
メカニックに視覚的にわかるようにしている・・・
という意図で塗り分けています。

ですので、極微妙な濃度差ではなく、
一目で色の違いがわかるような濃度差を目指しました。
とはいえ、設定画とイメージが違いすぎても困るので、
落としどころが難しく、結局、ライトグレーで塗り分けました。

フレーム色も同じように、機械構造的な意味合いを考えて
塗り分けています。
こちらは強度がかかると考えられるところのみ
別パーツのイメージとして濃い色にしています。
・・・が、それらパーツはほとんどが機体の内部に集中しているため、
完成品の外見からはほとんど見て取れません (^ω^;)
見えるのは足首前面と肩装甲の付け根くらいでしょうかね。



【カラーレシピ】
[C]クレオスMr.カラー [G]ガイアカラー [TE]タミヤエナメルカラー
※メインはラッカー系ですが、部分的にエナメル塗料を使用。
 白(ボディ全体)・・・[C]クールホワイト
 白(スラスター周辺)・・・[G]ニュートラルグレーII
 赤・・・[C]あずき色(赤2号)
 濃紺(コクピット、ライフル、ランドセル)・・・[G]マーズダークブルー
 黄・・・[C]MSイエロー
 フレーム色(淡)・・・[G]パープルグレー、[TE]ニュートラルグレー
 フレーム色(濃)・・・[C]エンジングレーFS16081
 装甲裏・・・[C]ニュートラルグレー、[TE]ダークグレイ

関連記事
スポンサーサイト
1/144 HGUC ジムII | 【2015-07-25(Sat) 16:49:01】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

完成おめでとうございます♪

いやぁ、これだけ各部アップの写真が楽しい
作品というのは稀有な存在ですね。
思わず放置している手元のパチ組みを出して
きて、長時間見比べてしまいましたw

プロポ改修を中心に、将来パクペクトさせて
頂きたいです(*´∀`*)。

製作お疲れさまでした。
2015-07-26 日 14:06:42 | URL | 玖弐零式改(type920r) #OcCsWlWY [ 編集]
ありがとうございます。
お褒めの言葉、嬉しいです。(*´ω`*)

細かいところばかりいじっていて、
パッと見ではあまりパッとしない作品なので(笑)
改造した場所をアップで見せるんですが、
そうすると粗が目立つという・・・ (^_^;)
粗が出ないような作品作りを目指したいです。

2015-07-26 日 16:20:12 | URL | 冬弥 #LBBrlPtc [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。