FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
じわじわと進行中(ジムII)
前回からけっこう日にちが経ってしまいましたが・・・
いちおう、じわじわとですが、ジムIIいじってました。

現状、こんな感じ。
hguc-gm2-140526-01.jpg
パッと見、どこがどう進んだのかサッパリわからんって感じですが(笑)
スタイルに関する大きなところでは、
股関節軸を1㎜前方に移動させています。
そのおかげで、胴体から足にかけてのラインが
少しきれいに見えるようになった気がします。

ちなみに、写真の足元にあるのはビルダーズパーツの1/144パイロット。
製作中にリアル感をイメージしやすくするために、
「人の大きさ」の確認用として利用しています。





前回の記事で新造していた肩関節は、このようなカバーを付けました。
hguc-gm2-140526-02.jpg
WAVEのプラサポを加工して使用しています。


肩アーマー側も、ボールジョイントの軸を切り落としてから
3㎜のプラ棒で軸を新造し、軽くディテを追加。
hguc-gm2-140526-03.jpg


取り付けると、こんな感じ。
hguc-gm2-140526-04.jpg
ボールジョイント軸ではなくなったぶん、
少しはリアル感が増した気がしますが・・・

胴体内の肩関節に付けたディテは
まったくと言っていいほど見えませんな(笑)
いつものことですが(笑)


肩を引き出すと、まぁ、一応はディテが見えますが・・・
hguc-gm2-140526-05.jpg
飾る際はほとんど肩を引き出すことはないだろうし・・・

ま、いっか。
自己満足、自己満足♪


他にいじっていた個所としては・・・
「オプション用マウントラッチ」の再現。
hguc-gm2-140526-06.jpg
キットでは・・・
設定画ではヒジにあるはずの小穴が前腕の中央にあり、
そこを「マウントラッチ」とすることでシールドを取り付けています。

しかし・・・
設定画によれば「マウントラッチ」は手首付近の大穴のほう。

うーん。
なんとか、この大穴を「マウントラッチ」として活用できないか?

そこで・・・

キットのもともとの穴を埋めてしまい、
ヒジ付近に小穴を作り直し、
大穴と小穴ともどもディテールアップ。
hguc-gm2-140526-07.jpg
いくらマウントラッチとはいえ穴が開きっぱなしだと
機械的に問題がありそうなので(何かが詰まったりしそう)、
普段はフタが閉じているようなディテールにしました。

そして・・・

左腕のみ、ネオジム磁石を埋め込んでおきました。
hguc-gm2-140526-08.jpg
この磁石を活かし・・・

このようスクラッチしたシールド取り付け用フレームを
取り付けられるようにしました。
hguc-gm2-140526-09.jpg

設定画では手首付近の大穴だけを示して
「オプション用マウントラッチ」と解説してありましたが
それだと、シールドを保持する場合には
強度やバランスに問題がありそうな気がしました。

そこで、
「大穴だけでなく小穴も利用してシールドを保持する」
というオラ設定に基づいて、
シールド取り付け用フレームをデザインしています。

そして・・・
このシールド取り付け用フレーム・・・

本当に、マウントラッチにはまるんです(笑)
hguc-gm2-140526-10.jpg

実際に腕にシールドフレームをくっつけるのは磁石の役目ですが、
磁石1軸だけだとシールドフレームが回転してしまうんですよ。
そこで、その回転を抑えるため、という目的と、
実際にマウントラッチを活用してみたい、という遊び心(笑)で
このような構造にしました。
・・・てか、ズバリ、後者の理由のほうが大きいな(笑)


あとは・・・
首のフレームを胴体から切り離し、独立可動できるようにしました。
hguc-gm2-140526-11.jpg
改造ついでに、首を背中側に1㎜移動させています。
これにより、胸を張ったポーズが決まる・・・
ようになった・・・気がします(笑)


あとは、コクピットハッチのディテールアップ。
hguc-gm2-140526-12.jpg
パタンと開く構造のハッチをイメージし、
「機能をイメージさせる」ようなヒンジっぽいディテールを付けました。
実際、こんなとこにヒンジ付けたら強度的な弱点になりそうですが(笑)
まぁ、そこは「わかりやすさ」と「見栄え」を重視ってことで。


そして胴体の空間にも、フレームっぽいディテールを追加。
hguc-gm2-140526-13.jpg
いつものごとく、「完成すると誰にも気づかれないディテール」です(笑)



今回のジムIIの製作、やっているうちに気づいたのですが、
どうやら、「リアル」と「見栄え」と「わかりやすさ」のバランスをとる練習に
なっている感じがします。
おかげで、毎日悩みっぱなしです(笑)

関連記事
スポンサーサイト
1/144 HGUC ジムII | 【2014-05-26(Mon) 22:46:12】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。