FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ヒジと足首関節の後ハメ(バクゥ)
バクゥの関節、けっきょく、後ハメすることにしました。
で、こんな感じに切り欠きを入れました。
外部から目立たなくするためには、この切り欠きの位置が重要です。
少し斜めに切り込んで行くのがミソ。
bucue070808-1.jpg

加工前のパーツの、赤く塗ってある部分を削り取ります。
軸穴よりも少しだけ幅が狭くなるように削り、
関節軸が通るための通路を用意するわけです。


↓組み立てる際は、こんな感じで、コの字の部分に軸を押し込みます。

bucue070808-2.jpg

軸が通過する際、切り欠きのコの字がかなり押し広げられますが、軸が通過した後、
パチンって小気味よい音とともに、パーツはもとの形状に戻ります。
普通のスチロール樹脂だと割れちゃいそうですが、
ABS樹脂はけっこう弾力があるので、軸が通過するのです。
とはいえ、実際にやるとき、破損しそうで怖かったですが。(^_^;)

ただ、これができるのは、おそらく、溶剤で侵されていない状態の
「イキのいい」ABSの場合だと思います。

特に、エアブラシ塗装だと、溶剤で塗料をかなり薄めるので、
もしかしたら、塗装後は割れちゃうかもしれません。
試してませんので、あくまで推測ですが・・・。

一応、塗料を薄めずに筆で塗装した場合、ABSの弾力は維持されているようでした。
これは、ランナーにべたっと塗って乾かし、弾力を実験しました。
たぶん、大丈夫・・・だと思いますけど、
保障はできません・・・(^_^;)


↓ヒジを曲げたところです。

bucue070808-3.jpg

最初に言った「切り欠きの位置が重要」というのは、これのためです。
そう、上手に位置を決めて切り欠くことで、関節を曲げても、外から切り欠きが見えないのです。

↓足首の関節も、こんな感じで、ギリギリ見えません。

bucue070808-4.jpg


↓腕の前面も、足首関節は切り欠きが見えません。

bucue070808-5.jpg


ヒジ関節は、切り欠きに気づきにくい・・・
というレベルです。
厳密に言えば、オモテから見えている隙間こそが、
「切り欠き」なのですが、もとからそのような形状だったように
見えるので、ごまかせる・・・と思います。


ただ、この加工の問題点が1つ。

軸の保持ができなくなるので、揺すると、
理科室のガイコツ標本のように「カタカタカタ」と
足が揺れます。(笑)

つまり、このままでは「自立できない」のです。(-_-;)

関節がきつくなるように、関節の穴に瞬間接着剤(瞬着)を塗るなどして、
テンションがかかるような工作をするとか、工夫が必要です。
ただし、「だったら、軸を太らせればいいじゃん」と、
瞬着を軸側に塗ってはダメですヨ。
だって、軸が太ってしまうと、せっかく作った関節の切り欠きを
軸が通過できなくなりますから・・・。(^_^;)

それと、僕の場合、瞬着ではなく「マスキングテープ」を
関節の穴の内側に貼る予定です。

マスキングテープって、ポリキャップみたいに表面が絶妙に滑るんですよ。
軸受けにはもってこい。
粘着力も劣化しにくいので、圧がかかる軸受けに貼れば、
半永久的にそのままくっついているはずです。

なぜそんなことが言えるかというと・・・、
うちの壁に、紙をとめるために貼ったマスキングテープ、
はがしてみたら、粘着力がそのままだったんですよ。
7年前に貼ったんですけどねぇ。(^。^;)
ってことがあって、マスキングテープ作戦を思いついたというわけです。



模型ブログランキングへ

ブログのトップに戻る
関連記事
スポンサーサイト
1/144 HG バクゥ | 【2007-08-10(Fri) 01:04:25】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
いやぁ ただただ感心するばかりです
(・_・;
すごい・・・w(゚o゚)w
2007-08-11 土 02:14:39 | URL | akisaya #wLMIWoss [ 編集]
いやぁ・・・
筆で塗るならマスキングさえ必要ないのですが・・・(^_^;)
わざわざ後ハメにチャレンジしてしまいました。
でも、ちょっと楽しかったです。
割れるかどうか、というスリル感が・・・。(^_^;)
2007-08-11 土 12:39:17 | URL | 冬弥@管理人 #LBBrlPtc [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。