FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
モールド彫りの新しい方法を試してみた(ジム)
僕は今まで、キットのパネルライン風モールドを彫る場合、
0.2mm厚の透明プラ板でモールドの型紙をつくり、
それを両面テープでキットに貼り付けてゲージにし、
そのゲージに沿ってケガキ針で筋を彫っていました。
(その後さらにタガネで深く彫りこみますが)

でも今回のジムでは、フクラハギのように丸い形状の上に
モールドを彫りたいので、透明プラ板では対応しきれません。

そこで、プラ板ではなく紙を使用してアタリ線を引いてから
彫り込む方法を考えました。

最初に、キットに0.3mmシャーペンでモールドのイメージ線を描き込み、
型紙をあてる際の目印になるよう、エッジに鉛筆をこすりつけた上で、
その上から大き目のマスキングテープを貼り付けます。
そして、それを剥がすと、マスキングテープに鉛筆線が転写されます。
hguc-gm130112-01a.jpg
ちなみに、左上のが胸部、右がフクラハギ、左下が上腕側面です。

そのマスキングテープをパソコンにスキャンして取り込み、
Illustratorを使ってラインを精密に仕上げます。
hguc-gm130112-02.jpg
ただ、スキャンもとの鉛筆線がだぶついているので、
どこまで精度が出ているのか、
実際に切り出してキットに貼ってみないとわかりません。


というわけで、印刷して、
フィルムタイプの両面テープで貼り付けてみました。
hguc-gm130112-03.jpg
とりあえず、フクラハギの型紙はうまくいきました。

といっても、実はこの写真のものは二度目のものです。
一回目で作ったものはラインの角度が合わず失敗。
再度パソコン上で作りなおしてから印刷し、
ようやく思うようなラインになりました。

この型紙のフチに沿って、0.3mmシャーペンで線を引き・・・

そのラインに沿わせるようにして、
スジボリガイド用テープを使ってケガキ線を彫っていきました。
hguc-gm130112-04.jpg

で、もう片方の足にも同じように型紙を貼り・・・
hguc-gm130112-05.jpg
同様の方法でケガキ線を彫っていきます。

そしてできたのが、コレです。
hguc-gm130112-06.jpg
ちゃんと両方の足に同じようなラインが彫りこまれています。

あとはこれをタガネで深く彫っていけば、モールドは完成です。


今回の方法で作った型紙は、そのままHGUCガンダムにも
流用できるのではないかと思いますので、
苦労に見合った恩恵が得られるのではないかと。

・・・HGUCガンダムを作れば、のハナシですが。
関連記事
スポンサーサイト
1/144 HGUC ジム | 【2013-01-12(Sat) 15:44:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。