FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
塗装用のカラーチップを作ってみた
僕は基本的に、塗料の色を調合することはほとんどなく、
販売されている色のまま使用することが多いです。
いま作っているガンダムを塗装するにあたって、
自分のイメージするガンダムの微妙な色味で悩んでいたのですが、
ふと、カラーチップを作ってみようと思いつきました。



チップとはいえ、エバグリとかの板状プラ材はもったいないので、
安価で手に入りやすい、タミヤの3mm角棒を使用しました。

よく拡販した塗料ビンの中に、
角棒を長さの半分ぐらいまでドボンと漬け、
それを丸一日クリップで挟んで乾燥させました。
何色かわかるように色の名前をマジックで書いてあります。

赤系の色。
other121203-01.jpg

黄系の色。
other121203-02.jpg

青系の色。
other121203-03b.jpg

グレー系の色。
other121203-04b.jpg
同じミディアムブルーでも
クレオス(C)とガイア(G)ではかなり違っています。


写真ではあまり微妙な色の差が出ていないかもしれませんが、
肉眼で見ると、1つひとつの微妙な違いが見て取れます。
それでも、並べて見てみないとわからないほどの違いの色もあります。
MSブルーとキャラクターブルーなんて、ほんとにそっくりです。


これらのカラーチップ(カラーバー?)を、
キャラクターホワイトを基準色として
とっかえひっかえ組み合わせながら悩むこと3日(笑)

明度はともかく、彩度をあわせないとビビッドな色だけ妙に浮くので、
全体が同じような彩度になるように組み合わせました。
そのうえで、「弱そうにみえるガンダム」の色を目指しました。

結果、ガンダムは次のような色で行くことにしました。
other121203-05.jpg
クレオスのミディアムブルーは、ランドセルとライフルの色で使用します。
軍艦色2はフレーム色として塗装済みです。
エヴァブルー1は、今は入手困難なエヴァカラー。零号機の色です。
本当は、入手しやすい色のほうが何かと都合がいいんですけどね~。
今回は、この青が僕のイメージに一番合うので、仕方ないです。


カラーチップは、塗装したあとのパーツの色味が
きちんと正しく出ているかをチェックする際にも使用します。
other121203-06.jpg
以前作ったHGUCドムは、こういうチェックをしなかったので
装甲の色味が部分ごとに違うという残念な結果になってまして(T_T)
その反省からザクキャノン以降はカラーチップを作るようにしたんですが、
今回のように同系色の比較用にチップを作ったのは初の試みです。
関連記事
スポンサーサイト
ツール | 【2012-12-03(Mon) 13:29:49】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

いいアイデアですね
私もしてみよかな...
2012-12-20 木 16:57:00 | URL | Kちゃん #hrwCcgiQ [ 編集]
我々のような塗料「そのまま色」派には便利だと思います。
100均で売ってるような小型のチャック付きビニール袋に
赤系、青系、のように近い色味の棒を入れておくと
管理もしやすく便利ですよ。
2012-12-21 金 08:33:04 | URL | 冬弥 #LBBrlPtc [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。