FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
肩マウントラッチはどうなってるの?(F90)
先日DeFさんと、肩のマウントラッチ兼スラスターが
どのように付いているのか議論しましたが、
僕自身、やっぱり気になって仕方ないので
資料としてGFFを購入して比較してみることにしました。

今まではネット上のGFFの写真を参考にしていたのですが、
詳しく調べるには、やはりモノがあったほうが良かろうと。
むしろ、今までGFFを買っていなかったことのほうが不思議・・・(^_^;)


さて、まずキットのF90の肩です。
f90-20111109-1.jpg
ご覧のように、マウントラッチが
肩の胴体側(写真で言うと左側)から
スラスター側(写真の右側)へ向けて、
斜めに上がっていってます。

大河原画稿だと確かに前後パネルよりも上にせり出して見えるので、
こう解釈されて当然だと思います。
僕の今のF90も、この斜めにせり出す形状を
そのまま維持しています(大きめになってはいますが)。



それに対し、GFFはご覧のように、
肩前後の装甲パネルの上辺と
マウントラッチ上面がツライチになっています。
f90-20111109-2.jpg

ふかんして見ると、こうなっています。
f90-20111109-3.jpg
内側(胴体側)のマウントカバー(青いパーツ)が肩に埋もれて見えるので、
一見するとマウントラッチが内側に行くほど斜めに下がってきて
前後装甲パネル(白い装甲)よりも埋没していくように見えますが・・・

マウントカバーをはずすと、
マウントラッチそのものは前後装甲パネルと完全に高さが一致。
f90-20111109-4.jpg
マウントカバーの胴体側がカギ型になっているため
マウントラッチ内側(胴体側)が肩に埋没しているように見えたのです。

マウントカバーがあるときは藤田版のように
肩装甲にマウントラッチが埋没しているように見せつつ、
いざオプションパックを装着するときのことを考えて、
実際はマウントラッチは水平になっているという・・・。
この辺の視覚トリック、さすがGFFだなぁと思いました。

今後、肩前後の装甲パネル(白い装甲)は
大河原版(F90キットの形状)を生かしつつ、
マウントラッチ兼スラスターはGFFを参考にして
改修を進めようと思います。
実作業は、引っ越しが終わってからになると思いますが。


それにしても・・・
こんなことなら、もっと早くGFF買っておくんだったなぁ・・・(ー_ー;)




→模型の人気ブログランキングは こちら
→FC2のガンプラブログランキングは こちら

このブログのトップに戻る
関連記事
スポンサーサイト
1/100 ガンダムF90(MG風) | 【2011-11-09(Wed) 19:14:25】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

やはり立体物としてオプション換装を前提にするとキット、GFFの形状が基本みたいですねー
見た目の違いはスラスターの傾斜くらいでしょうか?
肩の上面が基本的にはフラットなのはやりやすいですよね
藤田版はパネル上面が飛び出すのでどうにも難儀です・・・
しばらくはオプションの事考えないで進めます(笑
2011-11-10 木 20:07:50 | URL | DeF #- [ 編集]

>見た目の違いはスラスターの傾斜くらいでしょうか?

そうですね。ディテールはともかく、シルエット的にはそんな感じです。

藤田版の前後パネルでも、Vタイプなどは
問題なく取り付けられそうですね。
ほかの装備のときも、接続アームを工夫すれば
問題ないのではないかと。
2011-11-10 木 23:45:52 | URL | 冬弥 #LBBrlPtc [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。