FC2カウンター
カテゴリ
以前のブログのカテゴリ
モデラーズギャラリー
モデラーズギャラリーに参加しています
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

↓モデラーズギャラリー内の僕の作品です
HGUC使用 ザクキャノンUC風 HGUC ドム(トウヤ カスタム)
MG ガンダム HGUC ジム
HGUC シャア専用ゲルググ HGUC ザクII教導機動大隊
HGUC ジムII 1/100 ガンダムエクシア
リンク
▼模型ブログランキング
人気ブログランキングへ
▼FC2 ガンプラ ランキング

▼新潟ゆるゆるプラモくらぶ
新潟ゆるゆるプラモくらぶ
▼新潟プラモコミュニティ (NIPCOM)
新潟プラモコミュニティ[nipcom]
▼Real Robot Modelers (RRM)
RRM[Real Robot Modelers]
▼関西仮組
関西仮組
▼ガンダムカラー検索システム


▼ゴッドハンド模型道


模型店リンク

ゴッドハンド(直販店)
アルティメットニッパーやニパ子でおなじみの、ゴッドハンドの直販店です。
楽天やリアル店舗で売り切れの商品でも、ここなら在庫が残っていることもあります。アルティメット買いたいのに、どこにも売ってない!っていうとき、覗いてみるといいかも。

龍文堂
お店の専用サイトはありませんが、地元の有名模型店なのでここで紹介します。
昭和23年創業の、長岡で模型を作る者なら誰もが知っている老舗。品ぞろえが豊富で、ふつうの量販店では売っていないレアなキットが見つかることもしばしば。ショーウィンドウには完成品がズラリと並んでおり、僕は時々それらを見るためだけに店に訪れてます。
一度は見ておいて損はないお店ですよ!
ただし店内の通路は狭いので、多人数で訪れる際はご注意を。

ホビースト(イープラモドットコム)
美人店長まりえもんさんのお店。40%~50%OFFのお祭をやっていることが多いので、ちょくちょく覗いてみるといいかも。
その他、人気コーナー「まりえもんのガンプラ教室」は、ツールの使い方や工程を動画で丁寧に解説していて、とても勉強になりますよ。

ホビーサーチ
プラモやガレキなどの通販店。店名のとおり、商品を探しやすいのが特長です。しかも、まるで店頭で箱を開けて中身を見るように、キットの説明書やランナーを写真で見ることができる、貴重なお店です。
おかげで、自宅にいながら、キットを買う前に改造プランを練ることができ、すごく重宝してます!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ツールクリーナー溶剤と手袋の材質
ちょっと前まで、筆やハンドピースの洗浄には
ラッカー薄め液を使っていたのですが、
最近になってようやく、クリーナーの便利さがわかった冬弥です。(遅)

実は数年前にクレオスのツールクリーナーを買ったきり、
その臭いのキツさで使っていなかったんですよ。
薄め液よりちょっとよく落ちる程度だろうと思ってたんですよね。
で、もったいないからとハンドピース洗浄に使ってみたところ
これがすごくよく落ちる。(当たり前)

ハンドピースの洗浄時、今までのラッカー薄め液の洗浄回数と比べて、
半分以下の洗浄回数できれいになります。
何色も吹き付ける際の時短が半端ないです。
もっと早く使っていればよかったな~。
最近は、臭いが緩いと言われているガイアのツールウォッシュを
使っています(ノズルが便利なので)。


さて、話しは変わりますが、手袋について。

僕は、普段の塗装では使い捨てビニール手袋を使っています。
ゴム手袋のように指にフィットするので扱いやすい。

昔はゴム手袋を使っていたのですが、持ち手をクルクルひねると
指のゴム被膜が巻き込まれていくので使いづらい。

で、今はビニールを愛用しています。

使い捨てのポリエチレン手袋も持っていますが、指にフィットしないので、
ニードルの拭き取り時なんかに指先の感覚がわかりづらく、
塗装時にはあまり使いません。(以前それでニードルを曲げてしまったし)


で、いつものようにビニール手袋を着用し、
ツールウォッシュを使い、
ティッシュやキムワイプでハンドピースを洗浄していて、
ふと指先をみると…

溶けて穴が開いてました。
other170806-01.jpg

だいたい3~4回、
カップの溶剤を指を突っ込んでティッシュなどで拭き取った結果です。
すげえぜ、ツールウォッシュ。
薄め液では一度もこんなことにはならなかった。

さて、どうしたものか。

で、ふと、最近ではエポパテのコネコネでしか使っていなかった、
ポリエチレン手袋があったことを思い出しました。

ビニール手袋の上から、さらにポリエチレン手袋を装着し、
同じように洗浄作業をしてみた結果…

ポリエチレンには穴が開かなかった。
other170806-02.jpg
ちょっと光沢が増しているので、厳密には溶けているんでしょうけど、
でも、ビニール手袋の倍の回数使ってもこの状態。

ビニールもポリエチレンも石油製品なので、
ポリエチレンはダメ元だったんですけどね~。

思いのほか良好な結果になりました。
ニードルの拭き取り作業以外は、こいつでいいかな。

▼ポリエチレンとビニール
どちらも石油が原料でガソリンに近いナフサから造られる。
ナフサから「エチレン」が造られ、更に圧力をかけたのが「ポリエチレン」。
ビニール(塩化ビニール)はエチレンと塩(塩基)がほぼ半分くらい混ざっている。


スポンサーサイト
ツール | 【2017-08-06(Sun) 16:04:01】
Trackback:(0) | Comments:(0)
持ち手付け終わった(ガブスレイ)
組みつけておけるパーツはできるだけ組み、
バーニアパーツは6~7個まとめて割りばしにくっつけ、
そうやって数を減らしたんですが・・・
それでも117本ありました。
hguc-gabthley170624-05.jpg

さすが、可変機。
内部メカの分、パーツが多めです。

もっとも・・・
改造の結果、もとのキットよりも
パーツ数が増えているんですけどね。


1/144 HGUC ガブスレイ | 【2017-06-24(Sat) 11:14:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
左拳の親指修正しました(ガブスレイ)
マニピュレータは
ビルダーズパーツHDの連邦系を使用しています。
ただし、こいつの握り拳の親指は人差指にめり込んでいるので、
独立させる方向で修正。
hguc-gabthley170624-01.jpg
もとの握り拳パーツの親指を削り落として、
平手パーツの親指を第一関節で切って曲げて接着して使用。



“左拳の親指修正しました(ガブスレイ)”の続きを読む>>
1/144 HGUC ガブスレイ | 【2017-06-24(Sat) 10:01:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ハンドピースのニードルが…
先日、子供を風呂に入れる直前の
風呂が沸くまでのわずかな時間で、
少しでもサフ吹きを進めようと作業を敢行。

普段はエアブラシ塗装する際、
手にフィットするビニール手袋を使用するんですが、
このときは、時間がなかったので、
とりあえずそこらにあったポリ手袋を使ったんですよ。
ブカブカなので、嵌めるのも外すのも楽だろうと。

で、数パーツだけ、大急ぎでサフ吹きをして、
これまた急いでハンドピースを片づけ…

ニードルをティッシュで拭いた際に、
「ん?何かいま横方向に引っ掛けたような…」

案の定、曲がってました\(;∀;)/
other170618-01.jpg

ニードルを拭くときの感覚がいつもと違ったのと、
急いで作業したのと、
久しぶりにエアーブラシ使ったのと、
注意力が足りなかったのと…
まぁ、いろいろ要因が重なった結果です。(T_T)

で、ハンドピースを新調するには高すぎるし、
ニードルだけ買えないものか…と
ネット検索してみたら…

ありました。
スジボリ堂さんで、各ハンドピース用のニードルを売ってました。
いや~、助かった。

で、注文して、ネコポスで本日届きました。
other170618-02.jpg

あ~よかった…

これで塗装ができますわ。
時間がないのは相変わらずですが。

まぁ、できる範囲で、ちびちびやっていきます。

それはともかく。

僕はスジボリ堂さんでネット購入したのは
今回が初めてなのですが、
こんなステッカーが同封されてました。
other170618-03.jpg

こ、これは…

「閣下…。心、洗われました」 (;∀;)>

最近完成させてない僕としては、
心にしみる格言ですなぁ。


ツール | 【2017-06-18(Sun) 14:19:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
プラモキットの精度の進化
1/144HGエルガイムを仮組みしているのですが、
まだヒザだけしか組んでいないのですが、
どうもパーツの精度が悪いなぁと感じました。

ピンダボがきつすぎたり、ゆるすぎたり…
パーツの合わせが密着しなかったり…

そして極め付けが、ヒザ裏のチューブ。
other170604-01.jpg
説明書どおりの20mmにすると、
チューブが中ほどでクキッと曲がってしまいます。(苦笑)
19mmにしたら、完成写真と同じようにきれいに収まりました。
説明書の寸法ミスなのか?う~む。

あと、左右の握り拳を比べてみたら、
親指の長さや向きが微妙に異なるし、
手甲の大きさ、丸モールドの大きさにも違いがあります。
other170604-02.jpg

手のひらのモールドなんて、
見るからに人の手でスジを入れたようないびつさが。
other170604-03.jpg
少なくとも「手パーツ」は、
人間が原型を作って金型を起こしているんでしょうね。
CADデータだったら、左右反転も正確ですしね。

エルガイムの発売年を調べると、2001年10月でした。
そうか~、15年も経ってたんだ、このキット。
なんか最近のキットの気がしてたんだが・・・
我々も歳をとるわけですな。(笑)

最近のガンプラって恐ろしいほど正確に嵌め合わされるので、
それに慣れていると、15年前のキットでさえも
「パーツが合わないなぁ」と感じてしまうんですね。
旧キットの頃なんて、合わないのが当たり前だったのに…

それにしても、最近のプラモって、
どこのメーカーもかなり高精度のパーツですよね。
3D技術の確立がベースにあるのでしょうけど、
金型職人の腕も上がったのかな?
まぁ、日本が世界に誇れる技術なのは間違いありませんね。

仮組みしながら、そんなことを考えてしまいました。(笑)



考察 | 【2017-06-04(Sun) 09:48:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
プロフィール

沖 冬弥

Author:沖 冬弥
プラモの箱や道具に囲まれて暮らす、自他共に認めるプラモ好き。ただし、腕前と製作時間がないのが悩みのタネ。
大雑把なわりに細かいとこが気になったり、楽天的なわりに心配性でもあるという、相反する困った性格。

Twitter
沖 冬弥
@touya_oki
ブログ内検索
全ての記事を表示する
最近の記事
最近のコメント
月別の過去記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。